SSブログ

気味が悪い [困惑]

最高裁は、朝鮮総連本部の競売に関して総連が申立てていた特別抗告を昨日4日に棄却したということです(産経WEST 2014年11月5日「総連本部の『マルナカ』売却確定…最高裁、朝鮮総連側の抗告棄却」)。
   
 
結論は見えていたことなので、それに関しての感想はありません。
   
ですが、
 
今年(2014年)7月2日のブログ(「放置プレーはまずいでしょう」)で触れたことですが、
 
通常のスケジュールどおり競売手続が進行していたのであれば、
 
マルナカが代金納付をして競売手続は終了し、ジ・エンドだったはずなのに、
 
なぜ、東京地裁での競売手続の進行が著しく遅滞してのか、
 
については 今も 重大な関心 を持っています。   
     
   
あれから4ヶ月余り経過したわけですが、
 
この点に触れた報道に接した記憶がありません。
 
     
グーグル検索してみても、 
   
堀内恭彦弁護士が産経ニュースに寄稿されている 今年(2014年)7月17日のコラム(「【堀内恭彦の一刀両断】 ストップした総連本部競売、揺らぐ司法への信頼」)
 
ぐらいしか見つけることができません。
      
     
 
私は気味が悪いと思ってしまいますが、    
   
これはきっと、   
 
大したことでないことを重大なことだと思ってしまう
 
私の認知能力に問題があるということなのでしょう。   

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。