SSブログ

定例記者会見の主催者 [感想]

20日金曜日の舛添都知事の記者会見の模様を報じた、

産経ニュースの 2016年5月20日【舛添知事釈明会見再び(4)】 似顔絵入りまんじゅう製作問われ 『そういうものもありました ! 』   会見場から『説明責任を果たせ! 』との"不規則発言"も」 の4頁では、 

《会見では舛添知事が指名した記者が質問する形式がとられるが、ここで指名されていない男性が突然、立ち上がり、叫んだ》

--「同じ回答ばかりではないか。説明責任を果たせ」

《記者会見を主催する記者クラブの幹事社の担当者が立ち上がり、「不規則発言をやめてください。指示にしたがってください」と制止しようとするが、男性はインターネットテレビを名乗り、舛添知事が自身の言葉で説明しないことへの批判を繰り返した》

 《呆然とする舛添知事。しばらくして男性が着席すると、幹事社は「知事、すみません」と言葉をかけて会見を再開させた》

と、都庁記者クラブの幹事社の記者が、舛添都知事の記者会見を仕切っている場面を報じていました。

 

YouTube に THE PAGEが投稿している「舛添都知事が政治資金の私的流用について会見(5月20日14時~)」で確認してみたところ、確かに仕切りをしており、

59:40~1:00:07 

の箇所でそれを確認できます。

幹事社の人は、2:48のあたりで、東京MXテレビの「しま?」「つしま?」と名乗られている方のようです。

 

秩序ある記者会見を運営する必要はあるのでしょうが、「都庁記者クラブ」が仕切るというのはどうなのでしょうか。 

定例会見を主催しているのは東京都のはずですが、意識が違うようです(産経ニュース2016年3月29日「舛添知事の記者会見、週1回に逆戻り『五輪で忙しく… 』」)。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。