SSブログ

武豊町 、岩倉市 の 報告メールと署名簿点検票 [情報提供]

  今回は、署名が有効と認められない署名の比率 が ワースト8位の 武豊町選管 と、ワースト12位の 岩倉市選管 が署名簿仮提出の際に、愛知県選管に送信した報告メール と「署名総数計算票及び署名簿点検票」を掲載します。

各選管ごとの、署名者数、有効と認められない署名者の比率については 選管毎の無効率.xlsx を参考にして下さい。

   ワーストが上位の選管について、淡々と整理するだけかと思っていましたが、武豊町 は とても興味深い案件であることが分かりました。

                    
 前振りはそれぐらいにします。
愛知県選管公表の「署名調査の概況」で、2選管の署名者数と有効と認められない署名の比率を整理しておきます。
   武豊町   署名者数 3,948 人
            有効と認められない署名の比率は 90.48 %
   岩倉市   署名者数 3,114 人
           有効と認められない署名の比率が 89.88%(ワースト12位)
ということでした。  
                               
1 (愛知県愛知郡)武豊町
      
   ⑴ 報告メール (6通)
    
   ⑵ 点検票
    (開示を受けたのは PDFファイル 4ファイル。総容量は7.41MB。)
    
  署名者が1人の署名簿は、①では 188 冊、➁では 240 冊、➂では 245冊、④では0冊 でした(数え間違いが多少あるかもしれません。)。
つまり、署名者1人の署名簿は 総数として 673 冊 (つまり、署名者数の人数としては673人、筆数としては673筆。)となります。
 
   ところで、武豊町選管に提出された3,948筆の署名のうち、有効と認めれた署名の数は全部で 364 筆 でした。
  
有効と認めれた 364筆(人)の署名 が全て署名者1人の署名簿の分だったとしても 、673と 364の差数である
309冊の1人署名の署名簿は「有効とは認められないもの」と判定されていることになります。
  形式的な要件を判定する際には問題は生じるとは思われませんが、「同一人が署名した」かについてどのように判定するのでしょう。
1人署名の署名簿を、ずらっと並べて、署名簿と署名簿を見比べて判定するのでしょうか。 まさか。                         
                             
2 岩倉市
      
    報告メール (3通)
                   
  ⑵ 点検票
     ➁ 2/3点検票.pdf
     ➂ 3/3点検票.pdf
 (開示を受けたのは  PDFファイル3ファイル。総容量8.45MB。 点検票の①は元ファイルが5MBを超えていたため圧縮しています。)
    


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。