SSブログ

愛知県への負担金交付申請額が 1億1700万円減らされた理由(推論) [感想]

  あいちトリエンナーレ実行委員会は、平成31年3月27日開催の運営会議で、平成31年度事業計画を承認しました。
運営会議で承認された事業計画は、
  愛知県の負担金      652,222千円
  名古屋市の負担金   171,024千円
というものでした。
            
   しかし、その承認決議の2日後の平成31年3月29日に、
あいちトリエンナーレ実行委員会は
愛知県に対して、652,222千円ではなく、
535,222,千円
を交付するよう申請をしています(愛知県負担金.pdf)。愛知県の負担金が1億1700万円減っている内容の申請をしているということになります。
 
  名古屋市への交付申請額の方は、平成31年4月1日に 171,024,000円で、あいちトリエンナーレ実行委員会の運営委員会で承認された金額どおり変わりません(名古屋市負担金.pdf)。
              
なぜ、あいちトリエンナーレ実行委員会からの、愛知県への負担金申請額が、運営委員会が承認した日から、たった2日で、1億1700万円減額して申請されることになったのかが 理由はまったく不明です。
  また、減額幅が 1億1700万円なのは、何故なのでしょう。
                          
  あいちトリエンナーレ実行委員会が「2019年度あいちトリエンナーレ実行委員会収入内訳」(あいトリ2019-収入内訳.pdf)に当初予算として挙げている「国庫補助金」127,000千円の内訳である「文化資源活用事業費補助金」、「文化芸術創造拠点形成事業費補助金」、「団体助成金」に関する申請書の開示を愛知県から行政文書開示請求により受けました。
                  
  下表が、開示してもらった結果をまとめた表です。エクセルも添付しておきます(国庫助成金等(あいトリ2019).xlsx)。
国庫助成金等(あいトリ2019).png
              
   国庫助成金等の申請先と申請額は、
① 一般社団法人自治体国際化協会へ 1,750,000円と1,000,000円、
➁ 一般社団法人地域創造へ10,000,000円、
➂ 文化庁へ6,300,000円、16,587,000円、1,000,000,000円
というものでした。
                    
総額は135,637,000円で、127,000,000円ではありません。
                   
予算として上げられている「文化資源活用事業補助助成金」は、金額からして、文化庁の1億円ということなのでしょう。
            
「文化芸術創造拠点形成事業費補助金 16,000,000円」とはどれなんでしょう。
                     
また「団体助成金 11,000,000円」とは、採択された、一般社団法人地域創造へ10,000,000円と不採択であった一般社団法人自治体国際化協会の100万円ということなのでしょう。
                  
  あいちトリエンナーレ実行委員会が、愛知県に対して負担金申請額を減額した 1億1700万円は、」国庫補助金等1億2700万円」の全額から、一般社団法人地域創造からの助成金1000万円を差し引いた金額と合致します。
              
  それが理由だったのではないかと想像しました。
 


nice!(0)  コメント(1) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。