SSブログ

奥付 と 奥書 [豆知識]

民事訴訟では、書証として法律文献などを提出することがありますが、

私は、文献の該当個所のほかに、

書名、著者名、発行年月日、出版社名等がまとめられている「奥付(おくづけ)」と呼ばれているページを、

一緒に提出するようにしています。

(下図の部分が奥書と呼ばれている箇所の例です。)

奥付 (例).jpg 

 この「奥付」とよく似た言葉に、「奥書(おくがき)」という言葉がありますが、違いをご存じでしょうか。、

手元にある「岩波国語辞典第6版」で、「奥付」を引いてみますと、

おくづけ 【 奥付 】

書物の終わりにある、著書名・発行者(所)名・発行年月日・定価などを印刷した箇所。

との説明がされています。

「奥書」についても辞書を引いてみますと、

おくがき 【 奥書 】

①写本の終わりに、筆者の名などを書き付けたもの。

一般に、書物の著述・筆写・刊行の年月日等を記したもの。奥付(おくづけ)

②その事が真正・確実であると説明して、書物の終わりに記すこと。

との説明となっています。

この岩波国語辞典だと、

「奥付」 =「奥書」

でもよさそうです。

  

ですが、出版界で働く編集者や校正者を養成する、日本エディタークスールというところが編集している

本の知識」という本では、

「奥付」と、「奥書」を、

「奥付」は 洋装本 における本の名称、

これに対して、

「奥書」は 和装本 における本の名称

として分類して、それぞれを次のような説明しています。

奥付

奥付とは、その書物の書誌学的に必要と思われるデータをまとめてしるしたものです。

ISBN一般には,書名・発行年月日・版数・印刷・著訳者名・著作権者名・出版社名とその所在地・電話番号・FAX 番号・ URL, ISBN(国際標準図書番号), その他, 印刷・製本会社名, 著者の略歴などを記載します。書名と著訳者名には, 振り仮名もつけます。

なお, かつては奥付に検印が押されていましたが, 最近ではほとんど省略・廃止されています。

奥書 ( おうしょ )

本の終わりに, その著作その他のことをしるしたものを奥書(おくがきともいう)といいます。

版本(木版本)の場合には, 出版した年月日(刊年という), 発行所(版元という)の住所および名前などをしまします。これを刊記といいます。

刊記は巻末にある場合が多く, その場合はこれをとくに奥付といいます。

「版本の場合には、刊記が巻末にある場合、奥付」と言うということで、その違いを十分理解できていないところがありますが、

それでも、概要としては、

「洋装本の場合は、奥書ではなく、奥付(おくづき)と言んだ」

という理解をしておけばよさそうです。

校正のプロの世界では、そう理解されているわけですから。

   

 

  

  

本の知識―本に関心のあるすべての人へ!

本の知識―本に関心のあるすべての人へ!

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本エディタースクール出版部
  • 発売日: 2009/05
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。