SSブログ

あいちトリエンナーレ実行委員会の2020年度、2021年度の財務諸表 [報告]

 あいちトリエンナーレ実行委員会の 2020年度、2021年度の財務諸表を、行政文書開示請求手続で入手したので掲載します。

あいちトリエンナーレ実行委員会が、国際芸術祭「あいち」に寄付した際の寄付申込書と寄付受領書の開示も受けたのでそちらも掲載します。


   あいちトリエンナーレ実行委員会 2020年度 財務諸表

  (令和2(2020)年4月1日から令和3(2021)年3月31日まで)


  あいちトリエンナーレ実行委員会 2021年 度財務諸表   (令和3(2021)年4月1日から令和4(2022)年3月31日まで)


  あいちトリエンナーレ実行委員会と国際芸術祭「あいち」との間で取り交わされた



(上記文書に係る 開示決定通知書 3通)



   下世話かもしれませんが、「会長代行」が運営会議で変更されているのかに関心が向いてしまいました。

3月下旬に開催されている運営会議の議決書を開示請求しなくては。

nice!(0)  コメント(1) 

nice! 0

コメント 1

会証

お疲れ様です

そういえば、一連の「あいトリ事務局」の作成文書を、県が行政文書として保管しているのは何故だっけな?というのが気になりました。

同時に、各種文書の保管年限とかもどうなんだろう?

また、エアコンやパソコンの寄附関係が記載されていましたが、当該電気等の使用料はどういう扱いなのかな?も気になるところ
収支報告書をもう一度読まないとな

ちなみに、公共工事における、工事に用いる電気水道代や、業者が設ける現場事務所や駐車場の土地代について、多くの場合無償貸与ではなく、受注業者の支払いを行うのが原則だったと思います

県とは違う事業体の行いであれば、事務所費用や電気代も、事務局から県か、中電ないし名古屋市水道局等に支払われているはず
さもなくば、県の内部で「無償貸与するがよいか」的な稟議が回されているはずだよな、と思います

(あいトリ開催に関わる芸文センターの貸与使用料などは、収支報告内で計上されているように感じた記憶。事務所費として上記分あったかも)

以上、ご参考まで
by 会証 (2022-11-05 22:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

検察審査会事件 全文タダ貸し ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。