SSブログ

日本郵政の限定正社員導入で考えてみる [検討]

限定正社員制度の導入については、

日本郵政が2014年3月から導入する方針を固めたということです(先月6月13日の時事ドットコム「日本郵政、限定正社員導入へ=来年4月、まず内部登用」)。

この日本郵政の場合、契約社員から限定正社員に採用されると、

年収200万円前後の年収が、年収470万円程度になり、しかも退職金がある

ことになります(今月7月9日の毎日jp「くらしをひらく:安倍政権の『限定社員』推進策 解雇されやすくなる懸念も」)。

 

非正規から限定正社員への採用は、

従業員の待遇改善 → 労務費の増加

ということになります。

 

限定正社員制導入後の総労務費 .jpg

 

この増加分は、労働分配率の上昇分で埋めるのか、あるいは、

他の従業員(例えば、(無限定)正社員)の労務費を減らして穴埋めするのか、

どちらなのでしょう。

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

かりてきたネコ節電の政府広報 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。