SSブログ

尾張旭市選管でのナンバリング 再考 [検討]

  尾張旭市選管に提出された 愛知県知事解職請求の署名簿に関し、昨年11月6日のブログ(「尾張旭市選管 の 署名簿点検表と県選管への報告」)で触れたところです。


   署名番号を基準として整理すると、綺麗に整理が可能であることを教えてもらいました。会証さん、指摘ありがとうございます。


 どういうことかと言いますと、簿冊の番号は 1 から 1053、2293 から 2644、10035 から 10106、13089 から13107、13109、13108、13574、13614 から13631、13633 と 言うように、細切れです。簿冊の番号から整理すると、署名番号は、あっちへ行ったり、こっちへ行ったりと グチャグチャ です。

昨年は、そんな整理をしていたため、頭の整理ができていませんでした。


他方、今回教えていただいたことですが、署名番号の方からみると、全署名は  1 から 6206 と、順番に並んだ 数字になっています。


 そんなわけで、署名簿点検票に書いてる署名番号の簿冊番号拾っていくと、下の尾張旭市署名番号.xlsx のように整理できます。




 ナンバリングは、簿冊番号が 1番 から10106番までの、簿冊数が都合1476冊分に記された署名に対して、番号の小さい簿冊から順番に、署名がされている場所に、スタンバーを使って 番号を連番していけばよいことになります。


それで5,965人の署名について ナンバリング を終えることができます。なぜか分かりませんが、一部、降順で採番している箇所があるので、その部分は多少、気を使うのではないかと思います。


署名の総数は 6,201筆ですので、残り240筆程度です。

尾張旭市選管には、請求代表者が11月4日の午後0時5分に署名簿を持参し、署名番号のナンバリング作業を行われたということです。

選管では 11月5日の午前11時から残りのナンバリング作業が行われ、同日午後4時5分に仮提出した署名簿について署名簿受領書の交付を受けたことになります。


なぜか、多大な時間を要しています。

 


nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

会証

お疲れ様です

尾張旭は、貴殿宛ツイートにURL貼りましたが、当方当時の解析で多少述べていますので参考まで

リンクを貼ったのは中川区です
親番、子番と作業概念を理解された上で読み直していただけると、また何か見えるかもしれません
こちらもご参考に

改めて見ていて、中川区について気づいた事
委任無し1人署名が約3500あります
請求代表者用のA4と仮定した上で、県選管発表の有効判定数を見ると1567

A4であれば、署名者の署名捺印(拇印)あれば、形式的判定で無効と解するのは不可能と考えます
しかし選管は上記3500を「有効と言えない」としています

形式的審査で無効とするなら、書式体裁がダメ(成果の署名簿でない、押印がない等)ぐらい
実質的審査で無効とするならば、選挙人名簿に見当たらず、同一筆跡多数ぐらいかと

それらが、親番などの部分に集まっていたか
そこの子番打ちをしたのが誰か
そもそも、何人が作業したか
何故に5つも、子番の1が存在し、その子番1を打たれた親番がそこなのか
親番が飛んでるのは何故か

など、興味の対象が多くある地区と思います
(県警の差し押さえ映像は中川区だった…のはたまたまかもしれませんが)

以上、ご参考まで
by 会証 (2022-10-21 21:56) 

tomo-law

会証さん、お久しぶりです。尾張旭市の指摘ありがとうございました。
そうなんですよね。御指摘のとおり、実物を見てみないと限界がありますねえ。
by tomo-law (2022-10-22 08:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。