SSブログ

平成24年の破産事件新受件数 [報告]

最新号のNBL 1001(2013.5.15)号 に、「平成24年における倒産事件申立ての概況」(18~23頁)が載っていました。

今年3月7日のブログで予想したとおり、

破産事件の新受件数は 92,552 件 (速報値)ということで、10万件割れでした。

前年(23年)の新受件数は 110,449件だったので、16.2 %の件数ダウンとなります。

破産事件の新受件数は、平成15年の251,800 件をピークに、9年連続で減少していますが、

減少は、ほぼ、個人の分です。

貸金業法の改正による総量規制は2010年(平成22年)6月18日以降のことなので、直接の原因ではなさそうです。

平成15年以降に起きた何かがその原因なのでしょうが、その原因とは一体、何んなんでしょう。

    

破産事件新受件数.jpg

(上下とも上記論文より引用したもので、元データは最高裁。) 

平成24年倒産事件新受件数一覧表(全国・地裁管内別).jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。